ネットワーク用語 > GRE

GRE

GRE = Generic Routing Encapsulation

GRE(ジー・アール・イー。Generic Routing Encapsulation):RBB TODAY (ブロードバンド辞典)

GRE(ジー・アール・イー。Generic Routing Encapsulation)
 
汎用的なカプセル化フォーマット。
PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)でPPP(Point-to-Point Protocol)のパケットをIPパケットにカプセル化(トンネリング)する際などに用いられます。

GRE ( Generic Routing Encapsulation ) とは

GRE ( Generic Routing Encapsulation ) はトンネルプロトコルの1つです。
RFC1701, 2784で定義されています。
トンネルプロトコルには
Layer2トンネリングのL2F, PPTP, L2TP
Layer3トンネリングのGRE, IPsec
等があります。
トンネリングとは、あるトラフィックを別のプロトコルでカプセル化して伝送することにより、通信を行う技術です。
パケットのカプセル化とその解除はトンネルの両端の機器で行う為、両端の機器が直結しているように見えます。
 
GREトンネリングでは、任意のプロトコルのパケットをIPトンネル内でカプセル化します。
GREトンネリングを行なう両端のCiscoルータで、あるトラフィックに対するカプセル化とその解除を行います。
GREは暗号化機能を備えていない事から、ルーティングセキュリティが保たれても、データそのものに対するセキュリティが保たれていない為トラフィックアナライザーなどでモニターする事は可能です。
データの安全性を保ちたい場合はGRE over IPSecを使用します。
一般的に、GREはルーティングプロトコル等のマルチキャストパケットのトンネリングに使用されます。

リンク

PPTP
IPsec
VPN
トンネリング


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-20 (火) 18:54:41 (2219d)