ネットワーク用語 > IPパケット

IPパケット

IPパケット = Internet Protocol packet

IPパケット(アイピー―。IP Packet):RBB TODAY (ブロードバンド辞典)

IPパケット(アイピー―。IP Packet)
 
インターネット上で送受信されるデータの単位。
正式にはIPデータグラムと呼ばれますが、IPパケットという言葉が広く使用されています。
ホストで動作するアプリケーション・プログラム間で通信されるデータは、「IPパケット」というデータの固まりの単位を用いて、送信ホストから適切な宛先ホストまで転送されます。
IPとは、Internet Protocolの略で、上位層からのデータを適切なサイズに分割したり、パケットを宛先に運んだりするための通信手順(プロトコル)です。
IPパケットは、(1)宛先ホストのIPアドレスや送信ホストのIPアドレスが書かれたヘッダ部と呼ばれる部分と、(2)アプリケーションのデータが格納されるデータ部に分けられます。
IPパケットは、ヘッダ部分に書き込まれている宛先ホストのIPアドレス情報を基に、宛先ホストまで転送されます。

リンク

IP
パケット


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-07 (水) 23:22:21 (2232d)