ネットワーク用語 > ロンゲストマッチ

ロンゲストマッチ

longest match

ロンゲストマッチ - ネットワークエンジニアを目指して

ルーティングテーブルから宛先を選択するとき、宛先が複数ある場合、通常プレフィックス長が長い方のネットワークアドレスを選択します。
この規則のことを「ロンゲストマッチ(longest match:最長一致)」と呼びます。

ロンゲストマッチとは -- Key:雑学事典

ルーティングテーブルから宛先を選択する際、条件に合う宛先が複数ある場合にプレフィックス長が長い方のネットワークアドレスを選択する規則のことを指します。
日本語で最長一致とも呼ばれます。

例えば次のようなルーティングテーブルを持つルータに、192.168.1.250宛のパケットが流れてきたとします。

ルーティングテーブルサンプル
宛先ネットワークネクストホップ
192.168.1.0/24ルータA
192.168.1.128/25ルータB
192.168.1.192/26ルータC
192.168.1.248/29ルータD

192.168.1.xなのでどのエントリにも当てはまるのですが、ビットに直した際にどの条件に最も一致するかが問題となります。

ビットに直した表
10進数表記ビット表記
192.168.1.0/2411000000.10101000.00000001.00000000
192.168.1.128/2511000000.10101000.00000001.10000000
192.168.1.192/2611000000.10101000.00000001.11000000
192.168.1.248/2911000000.10101000.00000001.11111000
流れてきたパケット11000000.10101000.00000001.11111010

上記からわかるように、192.168.1.248/29のエントリにもっとも一致するので、例のパケットはルータDに中継することとなります。

コツ

CIDRプレフィックス表記(例:192.168.1.248/29)を、ビット表記(例:11000000.10101000.00000001.11111000)に変換すると分かりやすい。

プレフィックスを、ビット表記のサブネットマスクに変換することに慣れておくとGood!

リンク

ルーティング
CIDR
プレフィックス
サブネットマスク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-11 (金) 12:50:15 (2463d)