ネットワーク用語 > フールプルーフ

フールプルーフ

フールプルーフ = fool proof

フールプルーフとは - はてなキーワード

【英】fool proof
ミスが発生するという前提で、不特定多数の利用者が間違えた操作をしても危険な状態を招かないようにする設計。また知識がない利用者でも簡単に操作できるようにする設計を指す。日本語では馬鹿除けまたは馬鹿避けとも言う。
直訳すると「愚か者にも耐えられる」になるが、その意味するところは「よくわかっていない人が扱っても安全」。

フールプルーフ - 大阪住宅安全衛生協議会

フールプルーフとは安全設計上の概念で、誰にとっても安全な仕組みにすることです。
危険な箇所と人間との間にバリアを設けることで、人間を守ることとも言えるでしょう。
 
このように述べると難しく聞こえますが、フールプルーフの例は、私たちの身の回りにたくさんあります。
例えば、扇風機は羽がむき出しになっていることはなく、必ずカバーがついている。
電子レンジはドアを閉めなければ加熱できない。
オートマチック車はフットブレーキを踏んで安全を確保しなければ、ギアが入らない等です。
 
「フールプルーフ」とは、うっかり者やおろか者がどんなミスをやったとしても事故にまで至らないようにする安全設計のことです。
 
このように私たちの生活用品にも普通に取り入れられていると同時に、高度な安全性が要求される原発や核兵器の管理などでも使われている重要かつ初歩的な安全の概念です。

プルーフ(proof)とは?

proof:英辞郎 on the WEB

proof
【名】
1. 証拠(となるもの)、立証、証明、証し、裏付け、吟味、論証、証
2. 試験、検査
【形】
1. 耐えられる、検査済みの、保証付きの
2. ~に耐える、~に耐えるようにする、抵抗できる、負けない
3. 試験用の

防水 - Wikipedia

防水(ぼうすい)とは、外界から水が入り込まないように加工すること。
ウォータープルーフ(英語: waterproof)とも。

誤謬性(fallibility)とは?

投資家ジョージ・ソロス氏が提唱している概念として有名?
『為替がわかれば世界がわかる』

Fallibility(誤謬性)とは、人間の知識は不完全で間違いやすいこと
→このため次の展開を予測できず、予測しても間違ってしまうというもの

リンク

RASIS
保全性


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 19:34:12 (145d)