ネットワーク用語 > TTL

TTL

TTL = Time To Live

Time to live - Wikipedia

Time to live (時に TTL と省略される)は、コンピュータとコンピュータネットワーク技術において、1単位のデータ(例えば一つのパケット)が破棄される前に経過する可能性がある時間、もしくは繰り返し数すなわちトランスミッション数の上限(余命)である。
IPv4では、time to live (TTL) は、インターネットプロトコル (IP) ヘッダ内の8ビットフィールドである。
IPv6では、このフィールドは hop limit と呼ばれている。

用語解説辞典|【公式】NTTPC

【Time to Live】 TTL 有効生存期間
TTL は Time to Live の略で、日本語では有効生存期間、あるいは単に生存時間ということがある。
そして、パケット通信に関連して使う場合と、DNS に関連して使う場合で意味が異なる。
 
まず、一般的な LAN(コンピュータ・ネットワーク)やインターネットでは、情報を小さなデータに分割して送受信している。
この分割されたデータをパケットという。
パケット方式のデータ通信では、そのパケットの生存期間を設定できる。
当初は秒数で生存期間を決めていたものの、現在では通過するルーター数で指定する方式が広まっている。
たとえばインターネットで情報を送るとき、その情報はパケットの状態で複数のルーターを経由して受信側に届く。
ところが、宛先の間違いなどがあると、そのパケットはいつまでもインターネット上をさまよう可能性がある。
これを防止するため、送り出す側で TTL を回数で指定しておく。
そして、ルーターを通過するごとに数が減っていき、TTL が 0 になったら、そのパケットは廃棄される。

TTLとは : - IT用語辞典バイナリ

TTLとは、(1)Transistor-Transistor Logic、あるいは(2)Time To Liveの略である。
(2)フルスペル:Time To Live 読み方:ティーティーエル
IPネットワークなどでルーティングを行う際、パケットに設定される、そのパケットの有効時間のことである。
「Time To Live」とは「生存時間」を意味し、この値がなくなるとパケットは消滅するようになっている。
 
パケットに設定されたTTLは、多くの場合、ルータを通過するごとに値が減っていくように設定されている。
データの行き先が見つからずに無限ループ状態に陥ったとしても、一定時間を経過すると消滅するようになっている。
これによって無数の無限ループが生じてネットワークのトラフィックが麻痺するといった状態をあらかじめ回避することができる。

リンク

IPパケット
DNS


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 17:40:45 (334d)