Program > Lisp


Lispとは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/LISP

LISPは、プログラミング言語である。
前置記法などが特徴である。
1958年にはじめて設計されたLISPは、現在広範囲に使用されている高水準プログラミング言語の中でもFORTRANに次いで2番目に古い。
今日最も広く知られるLISP方言は、Common LispとSchemeである。

LISPの名前は、「list processor」に由来している。
リストはLISPの主要なデータ構造であり、LISPソースコードはそれ自体がリストからできている。
その結果、LISPプログラムはソースコードをデータとして操作することができ、プログラマーは、マクロ・システムで新しい構文やLISP埋め込みの新しいDSLを作成できる。

公式サイト


リファレンス / チュートリアル


ライブラリー / フレームワーク


Tips


参考書

  はじめてのLisp関数型プログラミング――ラムダ計算からリファクタリングまで一気にわかる (Software Design plus)
五味 弘
技術評論社
2016-03-18
¥ 2,786

  Land of Lisp
M.D. ConradBarski
オライリージャパン
2013-02-23
¥ 4,104

  On Lisp
ポール グレアム / 野田 開
オーム社
2007-03-01
¥ 4,104

  ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ポール グレアム
オーム社
2005-01-01
¥ 2,592


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-18 (日) 14:53:23 (27d)