ネットワーク用語 > ラベルスイッチング

ラベルスイッチング

ラベルスイッチング = label switching

「ラベル・スイッチング」とは:ITpro

ラベル・スイッチング
label switching
 
IPパケットなどを短い固定長のラベルでカプセル化して転送する技術。
MPLS(multiprotocol label switching)が一例に挙げられる。
本来のヘッダーに含まれる転送に不要な情報や冗長な情報が,ラベルには含まれず,1つ1つのパケットの転送処理の高速化が図られる。

ラベル・スイッチ技術(―ぎじゅつ。Label Switching):RBB TODAY (ブロードバンド辞典)

ラベル・スイッチ技術(―ぎじゅつ。Label Switching)
 
ラベル・スイッチ技術は、新たに定義した固定長のラベル(固定長の短い情報)を用いてパケット(またはフレーム)を転送することでルータの高速化・高機能化を実現させる技術です。
 
例えばラベル・スイッチ技術を用いたラベル・スイッチ・ルータ(LSR:Label Switching Router)は、IPアドレス情報によってパケットを転送するのではなく、ラベル情報によってパケット転送を行います。
ラベルは、データリンク(回線)ごとに異なりEthernetPPPでは、図のようにEthernetヘッダあるいはPPPヘッダとIPヘッダの間に挿入します。
 
ATMの場合は、VPI/VCI(仮想パス識別子/仮想チャネル識別子)がラベルになります。
フレーム・リレーの場合は、DLCI(Data Link Connection Identifier、データリンク接続識別子)がラベルになります。
現在IETFでは、MPLS(Multiprotocol Label Switching)という新しいラベル・スイッチ技術の標準化が進められ注目されています。

fig878-1.gif

ラベルの種類

リンク

MPLS
LDP


添付ファイル: filefig878-1.gif 357件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 19:10:39 (449d)