JavaScript > イベントハンドラー
よく使うイベントハンドラーのまとめ

JavaScriptのイベントハンドラーとは?

ボタンをクリックするなどの「イベント」(出来事)が発生したときに、イベントに対応した処理を定めることができます。
イベントに対応した処理を、プログラマーが「イベントハンドラー関数」に記述しておけば、希望の処理をやらせることができます。
イベントハンドラーとは、「イベントに応じた処理を定めた関数」のこと、といえます。
(例)ボタンをクリックしたら、今の日時を表示させる処理など。

(参考)

MDN リファレンス

Window

(一覧)WindowEventHandlers - Web API | MDN

イベント

  • window.load WebページのHTMLの読み込みが完了したときに発生するイベント

イベントハンドラー

  • window.onload WebページのHTMLの読み込みが完了したときに実行されるイベントハンドラー

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-10 (土) 08:54:33 (71d)