プログラミングの基礎 > 第2章 基本的なデータ

2.2 実数

  • OCamlの数値型は、整数と実数が明確に区別されている。
  • 実数専用の演算子が用意されている。

小数点

  • OCamlで実数を示すには、小数点をつける。
  • 小数点以下が0の場合、小数点以下は省略してもいいが、小数点は書かないといけない。
# 2.0 ;;
- : float = 2.
# 2. ;;
- : float = 2.

実数専用の演算子

整数の四則演算は、「+」「-」「*」「/」だが、
実数の四則演算は、「+.」「-.」「*.」「/.」となっている。
=記号の後ろに「.」(ドット、ピリオド)を付ける形になっている。

ちょっと面倒っちいけど、厳密に区別するための仕組みなので仕方ないですね。

べき乗の関数「**」

OCamlの実数には、べき乗を求める関数「**」が用意されています。

# 1.414 ** 2. ;;
- : float = 1.9993959999999997

OCamlでは、べき乗は実数のみに用意されており、整数には用意されていない、とのこと。

問題 2.2

(p.9)

# 2. *. 3.14 *. 10. ;;
- : float = 62.800000000000004
# 1.73 ** 2. ;;
- : float = 2.9929
# 7. /. 2. ;;
- : float = 3.5

無限大

OCamlの実数の中で、特殊な値として「無限大」が用意されています。
「infinity」で無限大を表します。

# infinity ;;
- : float = infinity

マイナス無限大

マイナス無限大は「neg_infinity」で表します。

# neg_infinity ;;
- : float = neg_infinity
# 2.0 /. infinity ;;
- : float = 0.
# 1.0 -. infinity ;;
- : float = neg_infinity

OCamlの実数の取り扱いは、他のプログラミング言語とはちょっと違っているので、覚えておきましょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-13 (土) 21:24:29 (68d)