ネットワーク用語 > オフロード

オフロード

オフロード = offload

オフロード (コンピュータ用語) - Wikipedia

オフロードとは、コンピュータ分野において主に以下のことを指す言葉である。
1. システム入替などのために、実行中のジョブを停止させること。OFF-LOADと表現される。
2. システム負荷(英:loading)を軽減させる(英:off)仕組みのこと。offloadと表現される。

概要
システムの受け持つ機能の一部を外部システムに受け渡すことで、本体システムの負荷を軽減することは、パフォーマンス向上を目的としてしばしば用いられる手法である。
負荷軽減の手法としてはロードバランシング(負荷分散)などもあるが、ロードバランシングは同等機能の機器を並列稼動させ、負荷を均等に分散する手法であるのに対し、オフロードは一部の機能だけに特化したシステムを本体システムから切り出して外部システムとする手法であり、その向かう方向は大きく異なる。
この手法をオフロードと呼ぶ。
この用語は、主にネットワーク通信におけるOS負荷を軽減させるという場面で用いられる。

  • チェックサムオフロード
  • TCPセグメンテーションオフロード
  • Large Receiveオフロード
  • IPSecオフロード
  • SSLオフロード

リンク

SSLオフロード
ロードバランサ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-23 (金) 20:30:08 (2277d)