ネットワークスペシャリスト

マスタリングTCP/IP 入門編 第4版

マスタリングTCP/IP 入門編 第4版
竹下 隆史
オーム社
2007-02-24
  • 竹下 隆史 (著), 村山 公保 (著), 荒井 透 (著), 苅田 幸雄 (著)
  • 価格: ¥ 2,310
  • 大型本: 352ページ
  • 出版社: オーム社; 第4版 (2007/2/24)
  • ISBN-10: 4274066770
  • ISBN-13: 978-4274066771
  • 発売日: 2007/2/24
  • 商品の寸法: 25.8 x 18.4 x 2.6 cm

http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=978-4-274-06677-1

★このような方におすすめ
TCP/IPを初めて学ぶ方
TCP/IPの利用者
インターネットに利用されるプロトコルについて知りたい方

http://estore.ohmsha.co.jp/titles/978427406677P
電子書籍(PDF)も販売されているので、パソコンやタブレットで読みたい人には便利だ。

書評

ネットワーク技術の基礎知識を得るための教科書として、定番の参考書らしい。
=以前、ネットワークの勉強をしたとき、この本を教科書として買わされた。

わくすたブログでも、ネスペ参考書として、本書が推薦されている。
http://mizukix.cocolog-nifty.com/wakuwaku/2010/06/post-30c6.html

長所

図が多用されているので、視覚的に分かりやすい。

短所

図が多用されているので、視覚的に分かりやすい反面、概念の説明が主なので、具体的な各論の知識はあまり得られない。
=ネットワークの仕組みを理解するための「入門書」として使い、細かい具体的な各論は、別の本で補う必要がある。例えば「BINDを使って、DNSサーバを構築する」というような具体的な知識は身につかない、ということ。

ボリュームが多めなので、じっくり読むと、それなりに時間がかかる。
シリーズで分冊がでており、ネスペの参考書として、どの本まで読めば十分なのか不安になったりする。
=とりあえずはシリーズ中で、本書だけ読めば試験の準備としてはOK?

個人的な印象

ネットワークの仕組みを、まずは簡単に理解するための入門書として最適。
本書に書かれている基礎知識は、他人に説明できるレベルまで理解したい。
=何度も繰り返し読んで、覚えてしまいたい。

本書は、教科書的な文体であり、ちょっと硬いかんじがする本だと思う。
人によっては、本書の説明が自分に合わない=あまり頭に入って来ない場合があるかもしれない。もうちょい砕けた、薄くて読みやすい本を必要とする場合は、まるごとわかるネットワーク入門もオススメです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-27 (水) 03:17:12 (2463d)