ネットワーク用語 > ノンブロッキング

ノンブロッキング

ノンブロッキング = non-blocking

スイッチの全ポートにおいてワイヤースピードで同時に送受信しても、スイッチファブリックや内部バスがボトルネックにならず、スイッチ内部でパケットが滞りなく処理できることを「ノンブロッキング」という。

「ノンブロッキング通信」とは|IT PEDIA

ノンブロッキング通信とは、並列処理の一種で、データの送受信を行う際に、その送受信の完了を待たずに、他の処理をスタートする通信方法である。
これに対して、プログラムやネットワークでデータの送受信が始まると、一旦ほかの処理はストップし、データの送受信が完了してからその処理が再スタートするのがブロッキング通信と呼ばれる。

リンク

ワイヤースピード
バックプレーン


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 19:46:57 (207d)