WebプログラミングCMSWordPress > WordPressのインストール

WordPressのインストール方法

とりあえず、テストサーバーにWordPressをインストールしてみましょう。
(セキュリティー対策は後回しにできるので)

リファレンス / チュートリアル

ダウンロード

MySQLの設定

WordPress用のデータベースを1個作成しておきます。
とりあえず、phpMyAdminでMySQL上に「hogepress」等というDBを作ります。
MySQLに接続するユーザーもWordPress用で追加しておきましょう。

  • ユーザー名:wordpress_mysql など
  • パスワード:17cbfd1cf9a55f0e908fbc4a4b9d369f など(例:「wordpress_mysql」のMD5ハッシュ値)

DB文字コードの選択

  • 絵文字を使う場合、「utf8mb4_general_ci」にしておく。
  • 絵文字を使わない場合、「utf8_general_ci」にしておく。

※実際にWordPressをインストールした後、phpMyAdminで文字コードを確認したら、「utf8mb4_unicode_ci」になってました。
調査してないけど、WordPressの自動インストールスクリプトの設定で、そうなっちゃうのかな?

  • WordPress のデータベースの文字コードと照合順序 | knooto https://knooto.info/wordpress-db-charset-collation/

    (参考) 文字コード、照合順序が決定・使用されるまでのコードの流れ

    wp-config.php で DB_CHARSET, DB_COLLATE 定義 (あれば)
     wpdb::__construct()
       wpdb::db_connect()
         wpdb::init_charset()
           DB_CHARSET, DB_COLLATE の値をもとに文字コードと照合順序をいったん仮決定
           wpdb::determine_charset()
             wpdb::has_cap() → utf8mb4 等が使用できるか判別
             文字コード、照合順序の決定
           $this->charset, $this->collate の設定
         wpdb::set_charset() → SQL 実行時に使用する文字コード、照合順序の指定 (SET NAMES 文字コード COLLATE 照合順序)
    (略)

    テーブルの生成時
    上記の流れ
    (中略)

    wp_get_db_schema()
     wpdb::get_charset_collate()
       $this->charset, $this->collate を使って DEFAULT CHARCTER SET, COLLATE の SQL 文 (CREATE TABLE) の返却

ということみたいですね。

インストール

5分間インストール

この作業手順は、インストールのような作業に慣れた人向けの簡略版です。

  1. WordPress パッケージをダウンロードして、解凍。
  2. サーバー上に、WordPress 用のデータベースと、そのデータベースへの全アクセス権・編集権を持つ MySQL ユーザーを作成。
  3. wp-config-sample.php ファイルの名前を wp-config.php に変更。
  4. 推奨テキストエディタで wp-config.php を開き、wp-config.php ファイルの編集記事の説明に従いデータベース情報と秘密鍵の値を記入。
  5. サーバー上の希望の場所に、WordPress ファイルを設置。
    1. ドメインルート (http://example.com/ など) に WordPress を置きたいときは、解凍した wordpress ディレクトリの中身 (wordpress ディレクトリ自体を除く全ファイル) をサーバーのルートディレクトリへアップロードします。
    2. ウェブサイト上の WordPress 用サブディレクトリ (http://example.com/blog/ など) に WordPress を設置したいときは、解凍した wordpress フォルダを好きなサブディレクトリ名に変更し、丸ごとサーバーのルートにアップロードします。
      ヒント: FTP 転送が遅すぎるときは、手順 1: ダウンロード・解凍の FTP 作業の避け方をお読みください。
  6. ブラウザで wp-admin/install.php へアクセスし、インストールスクリプトを実行。
    1. ルートディレクトリに設置したなら: http://example.com/wp-admin/install.php
    2. blog というサブディレクトリに設置したなら: http://example.com/blog/wp-admin/install.php

以上です!これで WordPress はインストールされたはずです。

これでWordPressのインストールはできました。
あとは、デザインをカスタマイズしたり、便利なプラグインを入れたりして、ページを作れば完成ですね!

プラグイン

Tips

参考書







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-07 (木) 23:18:25 (210d)