ProgramHaskellHaskell入門 > 第1章 はじめてのHaskell

2022-01-20 (木) 公開
学習メモ
 Haskell入門 関数型プログラミング言語の基礎と実践
本間 雅洋
技術評論社
2017-09-27
¥3608

1.1.2 静的型付け

文字列や整数など、プログラムが扱うデータの種類のこと。

型安全性

(参考)型システム - Wikipedia
https://w.wiki/4j4g

型にまつわる安全性のことを型安全性(英: type safety)と呼ぶが、一般的に型安全性とは、データ(オブジェクト)の本来の型に従ってプログラムを正しく実行できる性質のことを指す。

静的型付けと動的型付けの違い

静的型付けstatic typing値の型安全性を、コンパイル時に検証する
動的型付けdynamic typing値の型安全性を、実行時に検証する


静的型付けはコンパイル時に全ての値の型が決まっており、型に関するバグをプログラム実行前に発見できるというメリットがあります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-23 (日) 18:01:27 (120d)