プログラミングの基礎 > 第4章 関数の定義

4.2 関数定義の構文

OCamlで関数を定義するには以下の構文を使います。

let 関数名 引数 … = 式

引数(ひきすう)

引数は、パラメーター(parameter)のことで、数学の関数でいえばf(x)のxのことです。
引数を受け取ったら、右辺の式を計算するような関数を定義しています。

関数名のルール

OCamlの関数の名前の付け方は、変数の名前の付け方と同様にアルファベットの小文字で始まらなくてはなりません。

f(x) = 3x という関数をOCamlで定義すると次のようになります。

let f x = 3 * x
# let f x = 3 * x ;;
val f : int -> int = <fun>
# f 4 ;;
- : int = 12
# f(4) ;;
- : int = 12

引数の数

関数の引数は2個以上にもできます。

(例)引数が2個の関数
g(x, y) = x^2 + y^2 - 4
という関数は次のように定義できます。

# let g x y = x * x + y * y - 4 ;;
val g : int -> int -> int = <fun>
# g 3 2 ;;
- : int = 9

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-03 (土) 15:03:10 (133d)