プログラミングの基礎 > 第2章 基本的なデータ

2.3 文字列

引用符はダブルクォーテーション「"」

OCamlで文字列を扱いたいときは、引用符「"…"」で囲む。

# "Yokohama" ;;
- : string = "Yokohama"

文字列の型は「string」。

文字列の結合は「^」

二つの文字列をくっつけるには「^」という命令でつなぐ。

# "横浜" ^ "駅" ;;
- : string = "横浜駅"

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-19 (金) 00:55:39 (35d)