ネットワーク用語 > BGP

BGP

Border Gateway Protocol - Wikipedia

Border Gateway Protocol(ボーダ・ゲートウェイ・プロトコル、略称 : BGP)はインターネットの中核をなすルーティングプロトコルである。
BGPはIPネットワークか自律システム (AS) 間の到達性を示すプレフィックス (prefix) のルーティングテーブルを維持することでルーティングを行う。
BGPはパス・ベクタ・プロトコルに分類され、技術的なメトリックは使用しないが、ネットワークの細かい規則や方針に従ってルーティングを行う。
BGPはクラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) をサポートし、ルート集約を行うことでルーティングテーブルのサイズを削減することができる。

BGPはNSFNETインターネットバックボーンを廃して完全分散ルーティングに移行するため、EGPに代わるルーティングプロトコルとして生まれた。
こうして生まれたBGPはインターネットを本当に分散したシステムへと変えた。
BGPの現在のバージョンであるバージョン4であるが1994年に採用され、2006年1月に今までのRFC 1771を廃止し、RFC 4271で再体系化された。それ以前のバージョンは現在廃止されている。

非常に大きなプライベートIPを利用したネットワークでもBGPを使用することができる。
例えばいくつかの巨大なOSPFの橋渡しするのに使えるし、BGPのマルチホ-ミング機能を利用してネットワークの冗長性を改善することができる。

リンク

AS
RIP
OSPF


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 17:56:58 (2079d)