IT用語集

ラムダ計算とは?

1930年代、数学者アロンゾ・チャーチが関数と変数(x、y)のみを使用する論理システムの作成を試みました。
この論理システムはラムダ計算と呼ばれます。
ラムダ計算では、すべてのものが関数として表されます。

  • ラムダ計算 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%80%E8%A8%88%E7%AE%97

    ラムダ計算(ラムダけいさん、lambda calculus)は、計算模型のひとつで、計算の実行を関数への引数の評価(evaluation)と適用(application)としてモデル化・抽象化した計算体系である。
    アロンゾ・チャーチとスティーヴン・コール・クリーネによって1930年代に考案された。
    計算の意味論や型理論など、計算機科学のいろいろなところで使われており、特にLISP、ML、Haskellといった関数型プログラミング言語の理論的基盤として、その誕生に大きな役割を果たした。

参考

動画

ゲーム


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-15 (日) 21:31:30 (34d)