#author("2019-12-19T22:20:11+00:00","default:sagasite","sagasite")
#author("2019-12-19T22:22:39+00:00","default:sagasite","sagasite")
[[PHP]] > PHPのバージョンアップ

#contents

*PHPのバージョンアップ [#see35b14]
CentOS 6.10でPHPのバージョンを最新(PHP7.4)にする方法を調べてみた。

-CentOS7のPHPを5.6/7.0/7.1/7.2/7.3系にバージョンアップする - Qiita https://qiita.com/heimaru1231/items/84d0beca81ca5fdcffd0

**PHPのバージョン確認コマンド [#e6a12983]
-バージョン確認コマンド - Qiita https://qiita.com/miqpim/items/aa896b851e2eada85396

CentOSのバージョン確認
 cat /etc/redhat-release
Apatchのバージョン確認
 httpd -v
phpのバージョン確認
 php -v
Mysqlのバージョン確認
 mysql --version

**root権限で更新作業 [#f6a583f7]
 su

**Linux自体のアップデート [#o20aaac6]
 yum update

**リポジトリの追加 [#za9644a1]
>PHPを標準のリポジトリからではなく、他のところから持ってくるため、EPELとREMIのリポジトリを追加しておく。
【EPELリポジトリ】
以下のコマンドを打つ
root
 yum install epel-release

>【REMIリポジトリ】
以下のコマンドを打つ
root
 rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

***REMIリポジトリの追加エラー [#s6e68869]
 error: Failed dependencies:
         epel-release = 7 is needed by remi-release-7.7-1.el7.remi.noarch
というエラーメッセージが出たら、以下のページを参考にする。
-centos7 で epel リポジトリが入らない - Qiita https://qiita.com/gekkoukisi/items/754e3d5d135096de4fd9

 $ wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-9.noarch.rpm ~/
このコマンドを打ったら、以下のようなエラーメッセージが出た。
 $ wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-9.noarch.rpm ~/
 --2019-12-20 06:40:04--  http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-9.noarch.rpm
 Resolving dl.fedoraproject.org... 209.132.181.23, 209.132.181.25, 209.132.181.24
 Connecting to dl.fedoraproject.org|209.132.181.23|:80... connected.
 HTTP request sent, awaiting response... 404 Not Found
 2019-12-20 06:40:05 ERROR 404: Not Found.

指定したURLのファイルが無いとのこと。
手動で調べてみると、URLが変更されていた。

https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/e/
このフォルダの中に、
 epel-release-7-12.noarch.rpm                                        2019-09-18 12:56   15K  
というファイルがあった。
上記のコマンドを修正すると、
 $ wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/e/epel-release-7-12.noarch.rpm  ~/
になる。

>次にrpmで展開
 rpm -ivh ~/epel-release-7-9.noarch.rpm 

このコマンドもバージョンに合わせて変更する。
 rpm -ivh ~/epel-release-7-12.noarch.rpm
ただし、rootのホームディレクトリ「/root」に「epel-release-7-12.noarch.rpm」ファイルを保存していない場合は、ファイルがあるディレクトリまで移動して、以下のようにコマンドを変更する。
 rpm -ivh epel-release-7-12.noarch.rpm
(「~/」部分が不要)

 # rpm -ivh epel-release-7-12.noarch.rpm
 warning: epel-release-7-12.noarch.rpm: Header V3 RSA/SHA256 Signature, key ID ********: NOKEY
 Preparing...                ########################################### [100%]
         file /etc/yum.repos.d/epel-testing.repo from install of epel-release-7-12.noarch conflicts with file from package epel-release-6-8.noarch
         file /etc/yum.repos.d/epel.repo from install of epel-release-7-12.noarch conflicts with file from package epel-release-6-8.noarch

「epel-release-6-8.noarch」と競合しているというエラーメッセージが出た。

EPEL7はCentOS7じゃないと使えないなら、CentOS6を7にバージョンアップする作業が必要になる?
面倒くさいので、どうせならCentOSはUbuntuのLTSに変えた方が良いかも?

*参考 [#x79bf6a3]
PHPのリリース日とサポート期限 - Qiita https://qiita.com/bezeklik/items/72d1ff8393f66673e2bc
-PHPのリリース日とサポート期限 - Qiita https://qiita.com/bezeklik/items/72d1ff8393f66673e2bc

-Ubuntu 最新バージョンへのアップグレード - eTuts+ Server Tutorial https://server.etutsplus.com/how-to-upgrade-to-the-latest-version-of-ubuntu-with-do-release-upgrade/
CentOSのバージョンアップよりも、Ubuntuのバージョンアップの方が簡単っぽい。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS