ネットワーク用語 > NAT

NAT

NAT = Network Address Translation

ネットワークアドレス変換 - Wikipedia

ネットワークアドレス変換(ネットワークアドレスへんかん)、NAT(Network Address Translation)とは、インターネットプロトコルによって構築されたコンピュータネットワークにおいて、パケットヘッダに含まれるIPアドレスを、別のIPアドレスに変換する技術である。
 
プライベートネットワーク環境下のホストから、グローバルアドレスを持つゲートウェイを通して、インターネットにアクセスするために利用されることが多い。
また、IPアドレスに加え、ポート番号の変換を行うものをNAPT(Network Address Port Translation)と呼ぶ。
今日では、NATと言えばNAPTのことを指すのが一般的である。

リンク

NAPT
NATトラバーサル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 16:06:54 (422d)