ネットワーク用語 > NAPT

NAPT

NAPT = Network Address Port Translation
別名 :IP masquerade

ネットワークアドレス変換 - Wikipedia

ネットワークアドレス変換、NAT(Network Address Translation)とは、インターネットプロトコルによって構築されたコンピュータネットワークにおいて、パケットヘッダに含まれるIPアドレスを、別のIPアドレスに変換する技術である。
プライベートネットワーク環境下でプライベートIPアドレスを持つホストから、グローバルIPアドレスを持つゲートウェイを通して、インターネットにアクセスする際に、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換するために利用されることが多い。
また、IPアドレスに加え、ポート番号の変換も行うものをNAPT(Network Address Port Translation、またはIPマスカレード)と呼ぶ。
今日では、NATと言えばNAPTのことを指すのが一般的である。

NAPT - @IT ネットワーク用語事典

NAPT ナプト / Network Address and Port Translation / IPマスカレード
 
NAPTとは、1つのグローバルIPアドレスを複数の端末で共有するためのネットワークアドレス変換技術の1つ。
TCP/UDPのポート番号も含めて変換することで、複数の端末を同時接続させることができる。
LinuxにおけるNAPTの実装をIPマスカレードと呼ぶ。
 
WANの出入り口に設置されるルータにグローバルIPアドレス1つを割り当て、LAN内の端末にはプライベートIPアドレスを割り当てる。
そして、端末がインターネットへの接続要求を行えば、ルータはその端末のプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスへ変換し、接続を行う。
これを各端末に対して透過的に実施することで、複数の端末を同時にインターネットへ接続できるようにする。

NAT・NAPTとIPアドレス | IPラーニング

NAPT(Network Address Port Translation)とは、その名の通り、アドレスに加えてポート番号も変換するという技術の事です。
プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する際、加えてポート番号も変換します。
この時、プライベートIPアドレスごとに異なるポート番号に変換するのです。
ブロードバンドルータはポート番号を手がかりとしてグローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換することができます。
これによってグローバルIPアドレス1つと複数のプライベートIPアドレスを変換することができるようになりました。

リンク

NAT
IPマスカレード


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 17:54:11 (120d)