ネットワーク用語 > MDF

MDF

MDF室は、マンション等の共用スペースで、電話回線等の中継設備を置く部屋。
=インターネット回線の増設等で、MDF室での工事が必要になる場合がある。

MDF(主配線盤)とは(Main Distributing Frame)|ビジネスホン用語辞典

(エムディーエフ:Main Distributing Frame)
MDF(主配線盤)とは、Main Distributing Frameの略。
電話線をマンション内に引くときに、電話会社側から引いてきた電話線の束をマンション内の各住戸に配線するための中継となる設備のこと。
 
管理員室に設置されていることが多く、必要な人間以外触れられないように管理されている。
1999年にまでは、NTTしかMDFへの直接接続はできませんでしたが、現在は解放されNTT以外の通信事業者のADSL接続サービスなどが提供されています。

MDF - NTT 情報通信用語集

MDF
Main Distribution Frame 
ビル全体の加入者線を収容する主配線パネル。
外部ケーブルの引き込み,各フロアおよびPBX等への回線を分岐する。

◆ 《自動MDF(A-MDF)》
MDFジャンパ作業を遠隔で自動化する装置。
自動MDFは,ジャンパリング部とロボット機構部からなり,ロボット機構部がジャンパリング部のボード穴に接続ピンを挿入することにより,加入者線路ケーブルと所内ケーブルを接続する。

◆ 《IDF(Intermediate Distribution Frame)》
ビル内の各フロアあるいは各室内でMDFからの回線やLANハブからの回線とアウトレット側の配線を接続するための中間の配線パネル。

MDF室 - NTT 情報通信用語集

MDF室
Main Distribution Frame
ビル全体の加入者線を収容する主配線パネルのこと。
MDF室はMDFを設置している部屋。

p03_01_l.jpg
http://www.sopp.info/process/index_03.html

リンク

ADSL
VDSL


添付ファイル: filep03_01_l.jpg 3405件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-17 (水) 10:42:09 (1831d)