Vue.js開発入門 > Chapter 1 Vue.jsって何?

01 Vue.jsって何?

  • Vue.js - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Vue.js

    Vue.js(ヴュージェイエス)、またはVueは、Webアプリケーションにおけるユーザーインターフェイスを構築するための、オープンソースのJavaScriptフレームワークである。
    他のJavaScriptライブラリを使用するプロジェクトへの導入において、容易になるように設計されている。
    一方で高機能なシングルページアプリケーション(SPA)を構築することも可能である。

jQueryよりもシンプル!

Webページに機能を追加するには、JavaScriptを使います。
これまではjQuery(JavaScriptのライブラリー)を使えば、ある程度簡単にWebページへ機能を追加できました。
しかし、少し複雑な構造になってくると、jQueryで機能を管理するのは、難しくなってきます。
jQueryだと複雑になってしまうような場合、Vue.jsなどのJavaScriptフレームワークを使うと、シンプルにプログラムが書けるようになります。
(そのために作られたのがVue.jsなどのフレームワークです。)

SPA(シングル・ページ・アプリケーション)のメリット

1枚のWebページにいろいろな機能を用意して、「1枚のWebページだけで動くWebアプリケーション」のことを「SPA」(Single Page Application)と言います。

  • SPAにすると、Webサーバーとのデータ通信量が減って、ページの表示が速くなります。
    • 表示の切り替えがスムーズ
    • サーバー側とフロントエンド側の役割分断がわかりやすい
    • ネイティブアプリの代わりとして使うこともできる
  • SPAの欠点は、URLが変わらないので、いろんな表示のうち特定の表示をURLで指定することができないことです。

Vue.jsはSPAを作るときに使えます。

Vue.jsでどのようなものが作れるか?

本書の作例では、

  • Markdown エディタ
  • グリッドコンポーネント
  • SVGグラフ
  • ToDoリスト
    などです。

Vue.jsのサンプル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-08 (木) 23:55:33 (120d)