ネットワーク用語 > DHCP

DHCP

DHCP = Dynamic Host Configuration Protocol

Dynamic Host Configuration Protocol - Wikipedia

Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル、DHCP)とは、コンピュータがネットワーク接続する際に必要な情報を自動的に割り当てるプロトコルのことをいう。
 
身近なものでは、ケーブルテレビや公衆無線LAN?等でインターネットサービスプロバイダ (ISP) に接続する場合なども、DHCPを利用してIPアドレスを始めとするネットワーク設定を自動的に行うのが一般的である。
一方、ADSLFTTHでは、PPPoE?により設定を行うのが一般的だが、LAN型のネットワーク構成をとりDHCPを用いているISPも一部に存在する。
 
なお、ダイアルアップ接続におけるIPアドレス自動付与はPPPによるもので、DHCPとは異なる技術である。

自動設定できる情報の例
DHCP を使うことによって、つぎのような情報を自動設定することができる。
いずれも、クライアントとサーバの双方が対応している必要がある。

  • ホスト名
  • IPアドレス・サブネットマスク
  • デフォルトルート(ゲートウェイ)
  • DNSサーバ・DNSドメイン名
  • NISサーバ・NISドメイン名
  • プリンタサーバ
  • NTPサーバ

原理
DHCPサーバ側で、あらかじめDHCPクライアント用にIPアドレスをいくつか用意しておき(アドレスプール)、DHCPクライアントの要求に応じて、この中から一つのアドレスを割り当てる(リースと呼ばれる)。

dhcp_ipmasquerade.gif

http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~epdns/dvlop/dhcp/explain.html

dhcp.gif

http://www.iodata.jp/products/plant/etips/etips3.htm

リンク

PPP


添付ファイル: filedhcp.gif 584件 [詳細] filedhcp_ipmasquerade.gif 559件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 16:30:06 (540d)