CodeIgniter

CodeIgniterの画像アップロード、リネーム、サムネイル作成についてメモ。

参考

処理の流れ

  1. 画像のテンポラリーファイル(作業用の一時的なファイル)をアップロードするための「テンポラリー・ディレクトリー」を予め用意しておく。
    =「file/tmp」等
  2. 以前のテンポラリーファイルが残っていないように、念のため「file/tmp」内を空にする。
  3. 画像のテンポラリーファイル(作業用の一時的なファイル)を「file/tmp」にアップロードする。
  4. テンポラリーファイルを基にして、保存したい名前にファイル名をリネーム(名前の変更)をして、画像ファイルを保存する。
  5. サムネイル画像を作成して保存する。
  6. 画像ファイルの情報をデータベースに保存する。
  7. 最後に、不要になったテンポラリーファイルを削除する。

テンポラリーファイル

  • テンポラリーディレクトリーの用意

CodeIgniterのbase_urlから見て、
「./file/tmp/」
というディレクトリーを用意する。

=一時的な画像をアップロードして、それを基にリネームやリサイズしてコピーする。

  • ディレクトリーを空にする
    CodeIgniterのファイルヘルパーで、サクッと空にできる!

ファイルヘルパー : CodeIgniter ユーザガイド 日本語版
http://codeigniter.jp/user_guide_ja/helpers/file_helper.html

ファイルヘルパー
ファイルヘルパーのファイルは、ファイルを処理するのに役立つ関数で構成されます。
ヘルパーのロード
このヘルパーは次のコードを使ってロードします:
$this->load->helper('file');

delete_files('path')
パスに含まれるすべてのファイルを削除します。例:
delete_files('./path/to/directory/');

以下のようにして、テンポラリーディレクトリーを空にする。

delete_files('./file/tmp/');

※PHPの関数で空にする場合、「unlink」関数で、ファイルを一つずつ消していく。
PHP: unlink - Manual
http://jp2.php.net/manual/ja/function.unlink.php

コードサンプル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-20 (日) 00:19:49 (2036d)