ネットワーク用語 > 10BASE-T

10BASE-T

10メガビット・イーサネット - Wikipedia

10メガビット・イーサネットは、10Mbpsの転送速度に対応したイーサネットである。
厳密には、「イーサネット」は10BASE5 (IEEE 802.3) のことを指した。
 
また、それに対して安価にネットワークを構成できる10BASE2 (IEEE 802.3a) が作られ、CheapernetやThin Ethernetと呼ばれた(そこから10BASE5をレトロニムとして"Thick Ethernet"と呼ぶこともある)。
追って1BASE5のスター型トポロジーを取り込む形で10BASE-T (IEEE 802.3i) が作られ、さらに光ケーブルを使う10BASE-F (IEEE 802.3j) が使われるようになった。
なお、IEEE 802.3は拡張規格を統合する改訂が行われており、IEEE 802.3a, IEEE 802.3iなどはすでにIEEE 802.3に含まれている。

リンク

イーサネット
ハブ
100BASE-TX


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 14:12:26 (205d)