IT用語集 > 関心の分離

  • 関心の分離 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%88%86%E9%9B%A2

    関心の分離(かんしんのぶんり、英語: separation of concerns、SoC)とは、ソフトウェア工学においては、プログラムを関心(何をしたいのか)毎に分離された構成要素で構築することである。
    プログラミングパラダイムは開発者が関心の分離を実践することを手助けするものもある。
    その為には、モジュール性とカプセル化の実装のしやすさが重要となる。
    関心の分離は複雑で依存関係が入り乱れたシステムの理解・設計・運用を容易にすることが出来るので他の工学分野でもみられる。

Reactにおける関心の分離

  • JSX の導入 – React https://ja.reactjs.org/docs/introducing-jsx.html

    JSXを使う理由
    表示のためのロジックは、イベントへの応答や経時的な状態の変化、画面表示のためのデータを準備する方法といった、他の UI ロジックと本質的に結合したものであり、React はその事実を受け入れます。
    マークアップとロジックを別々のファイルに書いて人為的に技術を分離するのではなく、React はマークアップとロジックを両方含む疎結合の「コンポーネント」という単位を用いて関心を分離します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-09 (日) 22:18:47 (74d)