ネットワーク用語 > ペイロード

ペイロード

ペイロード = payload

ペイロード (コンピュータ) - Wikipedia

ペイロード(payload)とは、データ伝送における正味のデータ部分を指す。
伝送されるデータ全体のうち、伝送処理のための管理情報(ヘッダやメタデータなど)を除いたものにあたる。
データの大きさを表すときは「ペイロード長」(payload length)と言う。

ペイロードとは 「ペイロードデータ」 (payload): - IT用語辞典バイナリ

ペイロード
別名:ペイロードデータ
【英】payload
 
ペイロードとは、IT用語としては、パケット通信においてパケットに含まれるヘッダトレーラなどの付加的情報を除いた、データ本体のことである。
パケットにはデータの転送先や転送経路などを制御するための情報を含むヘッダや、データの破損などを検査するトレーラなどの情報が、データそのもののほかに付加されて送られる。
ペイロードの語は、こうした情報を対象に含めず、ユーザーが送信したいデータそのものを指し示す際に用いられる。
ペイロードのデータのサイズは、一般的に「ペイロード長」と呼ばれる。
なお、ペイロード(payload)とは元々、運輸において運行に必要な物を除いた貨物や乗客などの積載量を指す英語である。

リンク

ヘッダ
トレーラ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 19:18:57 (151d)