ネットワーク用語 > シンプロビジョニング

シンプロビジョニング

thin provisioning

ストレージの仮想化技術には、シンプロビジョニング自動階層化などの機能が用いられる。

ストレージの無駄使いを解消する技術|コベルコシステム

シン・プロビジョニング(Thin Provisioning)とは、アプリケーションやサーバーに割り当てられているストレージを、実際に割り当てられている物理ストレージのディスク容量よりも、多くの領域を使えるように見せる技術です。

ストレージ ストレージ技術解説 シン・プロビジョニングとは [Thin Provisioning] - Fujitsu Japan

シン・プロビジョニング(Thin Provisioning)とは、ストレージリソースを仮想化して割り当てることで、ストレージの物理容量を削減できる技術。
ストレージ容量アップに合わせて設備投資を急ぐことなく、コスト削減や運用負荷の軽減が可能になります。

自動階層化やスケールアウトで性能が高まる - ストレージ仮想化の最新技術動向:ITpro Active

最近のネットワークストレージが備える特徴を示す。
性能向上に関する技術と、運用性向上に関する技術がある

リンク

自動階層化


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 14:18:37 (150d)