IT用語集 > コールバック

コールバック

(プログラミング用語)
「関数に渡される関数」のことを「コールバック関数」という。

call backの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

呼び返す、電話し直す、電話をかけ返す、取り消す

文字通りには「折り返し電話」のこと。

コールバック (情報工学) - Wikipedia

コールバック(Callback)とは、プログラミングにおいて、他のコードの引数として渡されるサブルーチンである。

JavaScriptコールバックを整理してみた【再入門】 - Qiita

コールバック(関数)とは
ひとことで言うと、「引数として渡される関数」です。
他関数の引数として使用し、特定のタイミングで実行させることができます。「あの処理が終わった後に、この関数を実行したい」など。

【JavaScript】コールバック(callback)関数とは何か?

コールバック関数とは?
引数として渡され、関数の中で所定のタイミングで実行される関数。
関数の実行後にコールバック(呼び出される)関数。というイメージですね。

リンク

サブルーチン?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-25 (木) 16:45:59 (144d)